ワンルームタイプか、ファミリータイプか?

物件を選ぶときには、間取りも選択する必要があります。間取りには、大きく分けて「ワンルームタイプ」と「ファミリータイプ」があります。どちらを選ぶかは、投資家の好みによるところが大きいので、「こちらにしなさい」とアドバイスすることはできませんが、事実だけをいえば、単身者が借りるワンルームタイプのほうがオーナーにとって都合がよいといえます。まずは、収益性が高いという点が挙げられます。

その一例として20㎡のワンルームと60㎡のファミリータイプで比べてみましょう。20㎡の物件の家賃相場が3万円のエリアの場合、60㎡の物件は7万5000円ほどです。床面積が3倍違うからといって、家賃も3倍にできるわけではありません。仮に60㎡の物件を9万円の家賃にしたら、いつまで経っても入居者は見つかりません。

つまり、平米あたりの単価はワンルームタイプのほうが高くなるのです。入居者が退去したときのリフォーム代もワンルームタイプのほうが安くすみます。ワンルームだと約20万円で済むところが、2LDKのファミリータイプ(60~70㎡)だと60万円近くかかります。

また、ファミリータイプの入居者は自動車を所有しているケースが多いので、駐車場をつくらないと、なかなか空室が埋まりません。駐車場の土地を確保すれば、その分だけ利回りが下がってしまいます。将来的に更地にすることを考えている場合も、ワンルームタイプのほうが有利です。ファミリータイプの場合、「子どもの教育環境を変えたくない」といった理由から、なかなか退去してもらいにくいというデメリットがあります。ワンルームタイプの単身者は、近くで部屋を見つけてあげれば、退去してもらいやすいでしょう。

ただ、ワンルームタイプは、全国的に供給過剰の状態なので、価格競争が激しく、家賃が下落しているエリアもあります。そのようなエリアでは、差別化を図るためにあえてファミリータイプを選ぶという選択があってもよいでしょう。また、会社や小中学校が近くにあるなど、家族連れの人気が高いエリアでは、ファミリータイプを選ぶのもありです。

     

木里ゆうがおすすめするFXSuitについて

「3すくみスワップ投資法」と呼ばれるトレードテクニックがノーリスクで稼げると話題のFXSuitです。
FXSuitは取引条件も良く、「3すくみスワップ投資法」を実践すれば、確かに日々利益を出すことができます。

おすすめの記事