最初に区分所有の物件を購入すると、不動産投資がどういうものであるか、ひと通り体験することができます。

しかし、不動産投資は、「1棟購入したら終わり」という性格のものではありません。次々と不動産を買い足していったり、わらしべ長者的に、より高額で価値のある物件を購入していったりすることで、資産を形成するのが目的です。区分所有の物件で経験と実績を積んだら、次のステップに進みます。区分所有を増やしていくという方法もありますが、私がおすすめするのは、2000万円程度のアパートを1棟購入すること。私の会社で物件を購入する投資初心者の多くがこのステップを踏んでいます。

私の例でいえば、念願の1戸目の区分所有を手に入れてからは、次々と融資を引き出し、区分所有の物件を買い足していくことができました。2戸目以降は、1戸目の実績があったので、意外と簡単に融資を承認してもらえたのです。私が初めて購入した1棟ものの物件は、関西のマンションディベロッパーが所有していたマンションでした。比較的売り急いでいた案件で、価格も2億円を超えていたので、仲介でお客様をつけることに専念していました。

ところが、ある日オーナーから電話があり、いろいろと事情があるので価格を大幅に下げてもいいという話になりました。利回りは17%超(利回りについてはあとで解説しますが、17%の利回りはお得な物件といえます)、価格も固定資産税評価額よりも低いというお宝物件です。

「これなら私でも購入できる可能性がある」と思い、銀行に融資案件として持ち込みました。絶対ダメだと思っていたのですが、案外簡単に融資承認を得ることができたのです。評価額が高かったことと利回りがよかったことが功を奏す結果となりました。今では、こういう案件は購入者が殺到して価格がつりあがってしまうため、なかなか出てきませんが、当時はこういうおいしい話があったのです。こうして私は念願の1棟マンションのオーナーになったのです。

     

木里ゆうがおすすめするFXSuitについて

「3すくみスワップ投資法」と呼ばれるトレードテクニックがノーリスクで稼げると話題のFXSuitです。
FXSuitは取引条件も良く、「3すくみスワップ投資法」を実践すれば、確かに日々利益を出すことができます。

おすすめの記事